2学年保護者模擬患者実習

 皆さんこんにちは。教務の安部です。
 今回は毎年学校内で行われている2学年保護者模擬患者実習についてお伝えしたいと思います101.png

 2学年保護者模擬患者実習とは、2年生の保護者の方を患者役とし、2回に分けてブラッシング指導や、歯石除去を行う実習です。現在、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、実習の際はマスク、ゴーグル、フェイスシールド、ヘッドカバーを装着し、感染予防対策を徹底して行っています165.png
 まずは患者の体調を確認するために、血圧や脈拍の測定を行います。そしてお口の中の情報収集として、プロービングと言って器具を使い歯と歯ぐきの間の溝の深さの測定や、お口の中の写真撮影を行いました。はじめは2年生と保護者の方も緊張している様子が見られましたが徐々に和らぎ、必死になって頑張っている2年生の姿は、これまでになく大変頼もしく感じられました177.png

 ブラッシング指導では、歯を赤く染め出して磨き残しのある所を明らかにし、患者に合った歯ブラシを選択して、どのように磨くと良いか具体的に指導を行います。さらに、2年生は手書きの媒体を作製し、歯の模型や歯ブラシを用いて丁寧に指導を行いました。
 歯石除去の実習では、2回に分けてスケーラーと言う器具を使って歯石を取っていきます。1年次に身につけた技術を活かして、慎重に丁寧に歯石を除去していきます。はじめのうちは、2年生も集中しすぎてしまい、保護者の方の口を開けたままにしてしまうことがありましたが、回数を重ねる度にこまめに声をかけたり、配慮できるようになりました。2年生の真剣に取り組む姿を見た保護者の方からは「普段とはまた違う姿を見ることができて嬉しかった。これからも頑張ってほしい。」などという感想が多数寄せられ、2年生にとっても成長を実感できた実習になったと思います112.png

 次は来年の10月に保護者の方には再度お越しいただき、3年生保護者模擬患者実習が行われます。今回の状態と比較してどのように施術や指導を行うかなどレベルアップした実習が待っています。また、2年生は来月からいよいよ臨床実習が始まります。たくさんのことを学び吸収し、3年生保護者模擬実習では今以上に成長した姿を見ていただけるよう頑張ってほしいです。


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15222577.jpg
実習を行う前に血圧や脈拍を測定し、体調を確認します


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15222764.jpg
お口の中の状態を観察し診査していただきました


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15222947.jpg
歯と歯ぐきの間の溝の深さを測定しています


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15320485.jpg
お口の中の写真を撮り、状態をみます


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15230837.jpg
歯を赤く染め出して磨き残しのある所をみます


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15231667.jpg
どのようなものを使うと良いのか指導を行いました


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15231886.jpg
スケーラーと言う器具を使って歯石を取りました


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15232185.jpg
5種類のスケーラーを使い分けて行います


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15232308.jpg
歯石をとり終えたら、先生に確認をしてもらいます


2学年保護者模擬患者実習_e0196791_15232902.jpg
実習お疲れ様でした!!来年も頑張ろう☆彡



by yg_shikasen | 2021-09-28 15:40 | 学校行事・実習